本園を希望される皆様へ

平成29年度の保育について

1.【保育所型認定こども園(平成27年4月〜)】

本園は、保育園所型認定こども園です。平成27年4月より、子ども・子育て支援新制度が施行され、若葉高津保育園は「より質の高い幼児教育・保育・子育て支援」を提供する施設として認定こども園へ移行しました。

認定こども園は直接契約ですが、入園の際に保護者の就労等の状況により、1号教育認定(教育標準時間:満3〜5歳児で幼稚園と同様の利用)、2号保育認定(保育標準時間:3〜5歳児で保育園と同様の利用)、3号保育認定(0〜2歳児で保育園と同様の利用)の何れかの認定を市より受けるようになります。

認定子ども園は保護者の方が選択し、園はお子さんの発達状況や保育方針にご協力頂けることを確認させて頂きます。

2.【保育料】

市はご家庭の就労等の状況、年齢により1〜3号の基準に適合しているか判定し、所得に応じた基本保育料額が決定されます。

各自の負担額は市で決めた基本保育料に加え、申込料(入園準備費)および入園料(施設整備費の一部・園児管理費)、施設維持費(施設の維持管理)、特別保育料(英語・体育等の講師指導料、職員の加配、行事費等)等を加算し、上乗せ徴収としてお納め頂きます。1号認定(教育時間)の方は、給食費が実費負担(週5回月額5,600円税別)となります。保育料は口座振替(手数料保護者負担)で園に納めて頂きますので、必ず期日までに納入して下さい。

3.【幼保一体化】

本園は、「認定こども園教育保育要領(H27.4施行)」に基づき0歳児から就学前までの一貫した教育保育計画を作成し、それに基づいて保育を進めます。

3歳以上児は、姉妹園の若葉ナースリスクール幼稚園の園児と合同保育を実施し、同一のカリキュラムを受けます。1号認定、2号認定のどちらの方も幼稚園と同様の保育用品、教材、園服等が必要となります。(行事、保育用品代年間7,000〜10,000円前後、園服一式33,000円前後)その他、園外保育代、教材用の観察絵本代(400〜450円程度)等は実費徴収いたします。

0〜2歳児は、カラー帽子、出席ノート等、行事、保育教材等の個人用品は実費をご負担頂きます。

4.【慣らし保育】

長時間保育を実施していくためには、必ず慣らし保育が必要です。0〜2歳児は1カ月以上、3歳以上児は1〜4週間程度の慣らし保育が必要です。これは個人差が大きく、子どもの性格、年齢等のよってその期間は大きく変わります。また、病気等で欠席すると長引いたりやり直しとなったりしますので、余裕をもって慣らし保育を受けて下さい。慣らし保育は本園で実施している一時預かり保育(有料:時間預かり)を利用し、入所前に実施できます。

慣れていない状況で無理に時間を延長すると、お子さんは一日中不安な気持ちで過ごすことになり、ずっと泣いている、食事や睡眠が取れない、家でも後追いや夜泣き、夜尿等の心身の不調となって現れ、ひどい場合は抵抗力が落ち、感染症に罹りやすくなったりします。無理なく少しずつ慣れて生活リズムを作っていくことが子どもの心身の健康にとって非常に大切なことであり、親が安心して働くためにも重要なことです。慣らし保育の期間はご家庭でも就労に向けての準備期間として、就労が始まった時の生活リズムに合わせていくようお願いします。

5.【園行事】

園での保育はご家庭のご協力が不可欠です。保育を充実させるためには、保護者の方のご協力が必要です。年に数回、保護者の方に参加をお願いする行事があります。予め日程をお知らせしますので、必ず保護者の方またはそれに代わる方(ご祖父母様等)のご参加お願いします。保護者会には全員ご加入頂き、保護者会費(月額350円程度)をご負担頂き、ナースリ保護者会と協力して子ども達の保育の向上に繋がる様々な行事(夏のお楽しみ会、運動会、バザー、餅つき等)を開催しますので、ご協力をお願いします。

  • 入園始業式・・・毎年4月上旬(全園児参加、入園進級祝、年間の保育方針の話、記念撮影等)
  • 運動会・・・・10月第2土曜日雨天順延
  • お遊戯会・・12月第2土曜日(2歳児以上)
  • ※ナースリと合同で実施します。
     準代休日へのご協力をお願いします。
     3歳未満児は自由参加です。
  • 卒園式・・・3月下旬(5歳児)
    ※5歳児は、卒園日以降は、就学準備の期間として家庭保育にご協力をお願いします。

6.【病気の時】

本園には看護師がおりますが、園児全体の健康管理を担当しており、病児保育は実施しておりません。お子さんが病気、発熱、嘔吐、下痢、体調不良等の時は、お子様をお預かりできません。ご家庭で見て頂くか、それが困難な場合は予めご祖父母様、友人、病後児保育(くまさん保育室)やファミリーサポート、ベビーシッター等の手立てを考えておいて下さい。なお、園医が「細野こどもクリニック」ですので、緊急時にはそちらで受診することもあります。持病のある方は予め園医へご相談頂き、必要な場合に受診できるようお願いしています。

7.【育児休業中の保育について】

2,3号保育認定は、保育を必要とする場合の認定です。0〜2歳児の方(3号保育認定)は、病気等で家庭保育ができない特別なご事情のある方以外は、市内で待機児も出ていますので一旦退園をお願いします。3歳児クラス以上(2号保育認定)の方は、若葉ナースリスクールへの転園または1号教育認定に切り替えて下さい。

認定こども園
若葉高津保育園

〒276-0046
  千葉県八千代市
 大和田新田76-18

アクセスページに移動します

TEL:047-450-5077
FAX:047-450-2228